二日目のコロッケ

一人旅大好きなアラサー会社員のぼうけんのしょ

観光列車三昧の高知旅 2泊3日~旅行記編・2日目「志国土佐 時代の夜明けのものがたり」乗車記~

■スケジュール概要
2日目のスケジュールはこんな感じでした。
この日のメインイベントは、志国土佐 時代の夜明けのものがたり 立志の抄 に乗車することでした。
復路も志国土佐 時代の夜明けのものがたり 開花の抄 に乗って帰ろうか迷ったのですが、須崎で途中下車したかったので、往路のみ乗車、復路は普通列車で帰ることにしました。

8:20頃 ホテル出発
8:36 南はりまや橋バス停発 桂浜行き乗車
9:07 桂浜下車
坂本龍馬像拝観
桂浜水族館
高知県立坂本龍馬記念館
11:01 龍馬記念館前バス停 高知駅行き乗車
11:40 高知駅バスターミナル下車
12:04 高知駅 志国土佐 時代の夜明けのものがたり 立志の抄 乗車
14:40 窪川駅 志国土佐 時代の夜明けのものがたり 立志の抄 下車
15:51 窪川駅発 特急あしずり12号乗車
16:16 須崎駅下車
17:23 須崎駅発 普通 土佐山田行き乗車
18:49 高知駅
19:20頃 ホテル着

旅行記
2日目は朝から桂浜に向かいます。
桂浜行きのバスは1時間に1本しかないので、逃さないように注意が必要です。

f:id:tabihiyoko:20210603215430j:plain

桂浜

f:id:tabihiyoko:20210603215446j:plain

坂本龍馬

龍馬像にたどり着くまでは坂道と階段をのぼる必要があったのですが、この日は暑かったので登りきるころには汗だくでした。厚着してこなくて良かったーー。

f:id:tabihiyoko:20210603215440j:plain

桂浜水族館

次は桂浜水族館に向かいました。
コンパクトな水族館なのですが、ユニークな展示が多々あり面白かったです。
職員さんの手書きのポップなども充実していて、小さいながらとても見ごたえがありました。
個人的には、小学生くらいのお子さんが夏休みに来るのにおすすめしたいです!夏休みの宿題の題材がたくさん見つかりそうな水族館でした。

f:id:tabihiyoko:20210603220006j:plain

一番インパクトのあった展示。笑

f:id:tabihiyoko:20210603220036j:plain

動く骨格標本。よくできてる・・・

f:id:tabihiyoko:20210603220017j:plain

f:id:tabihiyoko:20210603220028j:plain

職員さん手書きのポップに、魚の食べ方が詳しく書いてあります。

f:id:tabihiyoko:20210603220406j:plain

f:id:tabihiyoko:20210603220414j:plain

初めてこんなに近くでリクガメ見た!乗れそうなくらい大きかったです。

f:id:tabihiyoko:20210603220412j:plain

高知県立坂本龍馬記念館にも行きました。

昼のバスで高知駅に戻ります。このバスも1時間に1本なので注意!
スムーズに高知駅に到着。

f:id:tabihiyoko:20210603221351j:plain


そして遂に本日のメインイベントである、
志国土佐 時代の流れのものがたり 立志の抄
に乗車です・・・!

f:id:tabihiyoko:20210603221404j:plain

1号車のKUROFUNE、入線です!!!

f:id:tabihiyoko:20210603221414j:plain

2号車 SORAFUNE
f:id:tabihiyoko:20210603221434j:plain
f:id:tabihiyoko:20210603221422j:plain

1号車の内装はこんな感じでした。窓は大きくピカピカで外が非常によく見えました。
ゆとりがある車内で、ソファーもふかふか!

f:id:tabihiyoko:20210603221409j:plain

テーブルセットはこんな感じでした。
f:id:tabihiyoko:20210603221904j:plain
f:id:tabihiyoko:20210603221859j:plain
メニュー

f:id:tabihiyoko:20210603221416j:plain

予約制の食事¥5,000も注文しました

食事はこんな感じです。品数多くてどれも美味しかった!
コース料理のようなお料理を列車内で楽しめることを考えると、¥5,000の価値はあると思いました。
お品書きには盛り付けのレイアウトも添えられていて親切です。
デザートないじゃん、、と思ってたのですが、「E」の笹葛クリームが実はデザートで、滑らかなクリーム入りの水饅頭ですごく美味しかったです。売ってたら買いたいくらい。
食事頼むとコーヒーのサービスと、いろはすのミニボトルがいただけました☕

座席などは公式サイトに掲載されていますが、海側のほうが眺めがよいので断然海側がおすすめです!一人で乗車される方はカウンター席が良いと思います。
みどりの窓口で席を予約する際には、第5希望くらいまで考えたうえで座席表を忘れずにお持ちください!

www.jr-shikoku.co.jp

 美しい田園風景を眺めながら美味しい料理を味わえる幸せ…心が洗われる感じがしました。f:id:tabihiyoko:20210608221529j:plain

f:id:tabihiyoko:20210603221443j:plain

食後のコーヒーサービス

f:id:tabihiyoko:20210603221854j:plain

車内販売で購入した季節のスイーツ¥600

季節のスイーツは大当たりでした!!しっとりスポンジ+濃厚なクリーム+しっかり抹茶の味がするモンブランで、食べる前は600円高いなと思ってましたが、次も季節のデザート絶対食べる!ってくらい気に入りました。
カラトリーが使い捨てじゃなかったらもっと雰囲気があって良かったかも。

乗車すると沿線マップがいただけるのですが、この沿線マップが非常にわかりやすい!

f:id:tabihiyoko:20210607214159p:plain

開くとこんな感じ↓

f:id:tabihiyoko:20210607214211p:plain

停車時刻、みどころなどが可愛いイラストと一緒に紹介されているので、今どこを走っているのかが一目でわかります。帰って見返してると旅気分になれます!

立志の抄では、安和駅で途中下車できます。(開花の抄では下車できません)
本当に海が綺麗!!

f:id:tabihiyoko:20210607214140p:plain

f:id:tabihiyoko:20210607214147p:plain

列車のデザインが高知の鮮やかな海に映える!!
天気が良かったこともあり、絶景でした。
砂浜からは地元の方が見送ってくださっていました。

f:id:tabihiyoko:20210607214722p:plain

安和駅を出発。
斗賀野のセメント工場はハウルの動く城のようでした。

f:id:tabihiyoko:20210607214232p:plain

そしてついに終点窪川駅。
あっという間の2時間半だった…
f:id:tabihiyoko:20210607215735p:plain

それぞれの駅や通り道で地元の方が手を振って迎えてくださったのが印象的でした。
アテンダントさんのおもてなしも素晴らしかったです。
ちなみに、この日は土曜日なのに乗車率3割くらいでした…特にグループ席が多い1号車はガラガラ。心配になりましたが、ゆとりある車内で快適に過ごせました。
スタッフさんの指示を守っていれば安心安全なのと、行ってみたら店が休業してた、とかありがちなので、コロナ禍こそ観光列車良い!と感じました。
これを機に全国の観光列車制覇してみたい・・・。

時間が余ったので、窪川駅散策。
何もない駅ですが、30分ほど散歩を楽しみました。コロナじゃなければもう少しお店が開いていたのかな?と思うと残念です。

f:id:tabihiyoko:20210607214238p:plain

f:id:tabihiyoko:20210607214258p:plain

f:id:tabihiyoko:20210607214256p:plain
f:id:tabihiyoko:20210607214250p:plain



そして、窪川駅15:51発の特急あしずりで須崎にワープ。
港町・須崎に降り立ちました!

f:id:tabihiyoko:20210607215745p:plain

須崎は碁盤の目のような街になっていて散策がしやすかったです。
駅前に観光案内所があり、そちらで地図をいただくと散策がしやすいかと思います。

浅田次郎の小説に出てきそうな、情緒あふれる街並みです。
昭和にタイムスリップしたような建物の数々。
f:id:tabihiyoko:20210607220107p:plain

須崎駅に降り立った人で賑わったであろう駅前食堂。
上京前の最後の食事をこの食堂で食べた人も多かったのではないでしょうか。

f:id:tabihiyoko:20210607223045p:plain


この美容室なんて、物語の舞台になってそう・・・これまで何人の花嫁さんが結婚式の支度をしたのでしょうか。レトロな佇まいながら、「営業中」の札が掲げてありました。

f:id:tabihiyoko:20210607215810p:plain

浅田次郎の短編集がとても好きなのですが、須崎を散策していて思い出すのはこの辺の小説でしょうか。急に読みたくなり、帰りの普通列車KindleでDLしてしまいました。


f:id:tabihiyoko:20210607215807p:plain

さまよい歩いている途中で、建物に似合わず(スミマセン)ファンキーなTakeOutの文字を発見。もしや飲食店か??と思って覗いてみたら、おばあちゃんがでてきて「うなぎ?」と聞いてくる…
うなぎ、、、あるんですか?と言うとさらに奥から出てきたお姉さんが、ご飯も欲しいの?鰻丼でいい?と鰻丼を作ってくださいました!!
うな丼が出来上がるまでの間店内で待たせていただいたのですが、店名入りの鏡が飾ってある店内はまさに昭和3~40年代にタイムスリップしたような様相でした。
おばあちゃんがテレビをつけてお茶を出してくださって、おばあちゃんの家に来たような気分で束の間の休憩をさせていただきました。

f:id:tabihiyoko:20210607220623p:plain

ミルフィーユうな丼、3000円

これで3000円だったんですけどね、最初はこれで3000円、、高いなって思いました。
でも、これ、ご飯+鰻+ご飯+鰻、で4層のミルフィーユ鰻丼なんです・・!
よくある容器かさ上げもなく、みっちり詰まったタレの染みた米と分厚い鰻、須崎駅のベンチで美味しくいただきました。

f:id:tabihiyoko:20210607215822p:plainf:id:tabihiyoko:20210607215823p:plain

このあとは普通列車で帰途につきました。
普通列車はは観光列車とはまた違った雰囲気を楽しめて、大満足の1日が終了しました。

旅行記・3日目に続く=3

観光列車三昧の高知旅 2泊3日~旅行記編・1日目 高知入り~

~1日目~

この日は午後休暇を取得していたので、午前中の仕事を速やかに片づけて神戸空港に向かいました。
神戸空港は、三ノ宮駅からポートライナーで約20分で到着します。
空港自体がコンパクトなので、駅から出発ロビーまでの距離が短くて良いですね。保安検査が混雑していなければ、出発30分前に着いても十分間に合います。

f:id:tabihiyoko:20210603211936j:plain

神戸空港。さすがに人が少ない・・・

高知空港に到着しました。
高知駅行きのバスの時間が迫っているため急ぎます。

f:id:tabihiyoko:20210603212328p:plain

f:id:tabihiyoko:20210603212420p:plain

高知駅到着。
もう夕方なので、街を散策しながら翌日以降の計画を立てます。
高知駅前には大きな観光案内所があり、龍馬伝の撮影セットなども公開されていました。パンフレットも充実していたので、高知到着後はまず観光案内所に行くことをおすすめします。

観光案内所一覧 | 高知県観光キャンペーン「リョーマの休日」

f:id:tabihiyoko:20210603213323p:plain

商店街

f:id:tabihiyoko:20210603213314p:plain

南国らしい木が生えてます

この日の宿は、サウスブリーズホテル 高知海月に宿泊。
チェックイン後、夕食のためにひろめ市場に行こうと出かけたのですが、財布を忘れて戦利品ゼロで帰還することに・・・
ですが、失意のどん底で注文したルームサービスが大当たりでした!
サラダはフレッシュで野菜シャキシャキだし牛飯は脂っこすぎず肉は柔らかい・・。
作り立てのほかほかで、併設のレストランで作っているのではと推測します。

f:id:tabihiyoko:20210602223341j:plain
f:id:tabihiyoko:20210602223314j:plain

朝食の美味しいビジホのご飯は美味しい説、北海道の帯広天然温泉 ふく井ホテルさんに続き信憑性あると思います!! 

f:id:tabihiyoko:20210603215028p:plain
f:id:tabihiyoko:20210603215033p:plain

浜幸で買った小夏のムースタルト¥350と高知銘菓・かんざし¥90。
この小夏のケーキ、下と横?はパイ生地、中にスポンジと小夏のムースが入ってて爽やかで美味しいかったです。安いレモン味の洋菓子みたいに薬っぽくない果物の味。これはまた食べたい!

大浴場で広い湯船につかり、この日は終了。
2日目に備えてしっかり寝ます。

旅行記編・2日目に続く=3

観光列車三昧の高知旅 2泊3日~概要編~

先日、2泊3日で高知に行って来ました。
きっかけは、FDA(富士ドリームエアラインズ)の神戸空港高知空港 片道¥5,000タイムセールを発見したことです。
そして、今回の旅のテーマは、”観光列車"!
JR四国が運行している観光列車は以前から雑誌では気になっていたものの、今まで行く機会もなかったので、この機会に乗ってみることにしました。

1.スケジュール
[1日目]
午後のフライトで高知入り。
高知空港高知駅周辺散策(含、観光案内所で3日分の情報収集)→高知泊
[2日目]
午前中は、桂浜周辺観光
午後は、観光列車「志国土佐 時代の夜明けのものがたり 立志の抄」に高知~窪川まで乗車。普通列車高知駅に戻る。須崎で途中下車。高知泊。
[3日目]
午前中は、高知城周辺観光
午後は特急で大歩危まで移動し、観光列車「四国まんなか千年ものがたり しあわせの郷紀行」に大歩危多度津間を乗車。岡山経由で帰還。

絵に書くと、だいたいこんな感じのスケジュールです。

f:id:tabihiyoko:20210602224726p:plain

2.移動費
高知まではFDAのタイムセールで¥5,000。
JR四国はフリー切符をたくさん出しているのですが、今回は計算した結果フリーきっぷを購入しないほうが安い、という結論に至ったため、都度切符を購入しています。
[2日目]
・高知~窪川 乗車券¥1,470、グリーン券+特急券¥2,500
窪川~須崎 乗車券¥560、特急券¥530
・須崎~窪川 乗車券¥870
[3日目]
・高知~児島 乗車券¥2,900
・高知~大歩危 特急券¥1,200
大歩危多度津 グリーン券+特急券¥2,500
→今だと、「四国家おでかけ。四国家満喫きっぷ」を使うと¥10,500で「土・日・祝日を1日以上含む連続した3日間、JR四国線、土佐くろしお鉄道線や阿佐海岸鉄道線、ジェイアール四国バスの路線バス(高速バスは除く)に乗り降り自由」なのですが、今回の旅だと乗車券分の金額は¥10,500に満たないので、普通に切符を購入したほうがお得だと判断しました。

特急に乗りまくらない限りはフリー切符使わなくても良いかなーという感想です。
★参考:おトクなきっぷ一覧 |四国旅行 JR四国ツアー(駅コミ) (jr-eki.com)

3.宿
今回は高知に2連泊しました。
私が宿を選ぶ基準は、
・朝食が美味しいか
・大浴場があるか(温泉ならなおよし)
・値段がお手頃か
なのですが、今回は サウスブリーズホテル 高知海月  に宿泊しました。
・朝食バイキングが美味しそう
・2泊、朝食付き¥9,980というお手頃価格
・大浴場あり
という条件を満たしていたので宿泊しましたが、これが大正解でした!

★良かった点
・朝食バイキングが美味しかった。特にウツボのから揚げ茶漬けとしらす丼が絶品!パンやデザートも美味しかったです。

f:id:tabihiyoko:20210602223454j:plain

朝食。しらす丼にポン酢をかけたらいくらでも入りますね^^
写真はありませんが、ヤマテパンさんのパン(ふわふわで美味しい)と一人一つだけの限定手作りプリンも絶品でした!!

・大浴場のアメニティが豊富。POLAのクレンジング、洗顔フォーム、化粧水、乳液があったので手ぶらで行けちゃいます。
・館内が清潔。
・ルームサービスが美味しい!
・ホテルマンの方の対応がよかった。

f:id:tabihiyoko:20210602223314j:plain

ルームサービス。あかうし牛めし¥1,200、サラダ¥300
サラダはフレッシュで野菜シャキシャキだし牛飯は脂っこすぎず肉は柔らかい・・。
作りたてのほかほかで、併設のレストランで作っているのではと推測します。

f:id:tabihiyoko:20210602223341j:plain

ルームサービスのメニュー。たぶん全部美味しいと思います。
ボリュームもあるしお値打ち!

★ちょっと気になった点
・壁が薄いので、運悪くうるさい人が近くの部屋にいると残念(私は大丈夫でした)
・繁華街から少し歩くので、歩くのが嫌いな人は微妙かも?

良かった点、気になった点がありましたが、私の場合は
良かった点>>>>>>>>>気になった点、だったのできっと次高知に来た際も再宿すると思います。

旅行記編に続きます。

ゆったり会津 東武フリーパスで行く白銀の会津1泊2日【その1】

2021年1月某日、ゆったり会津東武フリーパスを利用して1泊2日の会津一人旅に行って来ました。

■ゆったり会津 東武フリーパス とは?
東武鉄道が販売している、首都圏~鬼怒川温泉会津エリアのフリーパスです。

www.tobu.co.jp

特徴としては、
・連続した4日間利用可能
・浅草~喜多方or東武日光まで乗車可能
・別途、特急券を購入すれば特急にも乗車可能
です。
会津までの往復で利用しましたが、普通に乗車券購入するよりお得でした◎

私は、
・往路はすべて鈍行で
・復路は特急けごんに課金
したのですが、金額的には以下のような感じでした。

・乗車券(越谷~会津):フリーパス利用で、往復¥7,110
 →通常購入すると、片道¥4,573×2=¥9,146 なので、¥2,000ほどお得に!
特急券(下今市~春日部):¥1,250

行きは鈍行でも接続がよく、6時台に越谷を出発して12時前には到着しましたが、帰りは特急で課金しないと接続が悪くキツい感じでした。
ですので、往路は鈍行、復路は特急利用をおススメします^^

■観光スケジュール
[1日目]
昼到着→駅前で昼食
→周遊バスの乗り放題切符を購入して街中散策。
 (斎藤一の墓→清水屋跡→野口英世記念館→鶴ヶ城
→夕方18時前に東鳳にチェックイン
[2日目]
朝から武家屋敷見学→周遊バスで白虎隊の墓へ→徒歩で会津若松駅に戻り、12時台の列車で帰京。

正直、バス乗らなくても全部歩きでも良かったかなーという感じです。
雪深かったので白虎隊の墓はあまり奥まで入れませんでした。。

 

■宿
ちょっと奮発して、御宿東鳳に泊まりました。
・朝夕食バイキング
・温泉あり
が決めてでした。
バイキングは小皿での提供になっていて、席の間隔もしっかり空けられていたので安心して食べられました。 

 

f:id:tabihiyoko:20210412164028j:plain

下今市駅東武鬼怒川線に乗り換え

f:id:tabihiyoko:20210412164317j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412164158j:plain


 

f:id:tabihiyoko:20210412164354j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412164407j:plain

野岩鉄道 AIZUマウントエクスプレス会津若松駅へ。雪が舞っていました。。

 

f:id:tabihiyoko:20210412164505j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412164515j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412164525j:plain

昼に到着したので、昼食は駅前のまるたか食堂でソースカツ丼を。

 

 

f:id:tabihiyoko:20210412164945j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412165002j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412165020j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412165038j:plain

f:id:tabihiyoko:20210412165052j:plain

街中散策。